ACT

Yogee New Waves

Polaris

Analogfish

田我流

OGRE YOU ASSHOLE

bonobos

Serph

ミツメ

MONO NO AWARE

崎山蒼志

Enjoy Music Club

TENDRE

SIRUP

Emerald

betcover!!

C.O.S.A.

VaVa

BIM

パソコン音楽クラブ

and many more!!!!!
(合計30組前後を予定)

カルチャーWEBメディア「CINRA.NET」による
新しい音楽イベント『CROSSING CARNIVAL』

「フェス」が、日常に浸透しつつある
今の日本の音楽カルチャーのなかで、

音楽と人の力がクロスしたときに生まれる、
非日常的な祝祭感に満ちた場を、今一度作りたい。

ここでしか見られないコラボレーション、演出、ハプニングーー
二度は同じものが生まれない、
この日限りの祝祭を、ぜひ目撃してください。

NEWS

  • 第4弾出演者発表! SIRUP、田我流、Enjoy Music Club、Serphの出演が決定しました!
  • フィッシュマンズ・トリビュートライブ企画の実施決定!企画に参加する各バンドが、ライブセットの中でフィッシュマンズのカバーを披露してくれることになりました。参加ミュージシャンからのコメントも到着しました。
  • 第3弾出演者発表! Polaris、Yogee New Waves、Analogfish、 Emerald、betcover!!の出演が決定しました!
  • 第2弾出演者発表! BIM、VaVa、C.O.S.A.、MONO NO AWARE、パソコン音楽クラブの出演が決定しました!
  • 第1弾出演者発表! bonobos、OGRE YOU ASSHOLE、ミツメ、TENDRE、崎山蒼志の出演が決定しました!
  • 特別編『CROSSING CARNIVAL - visual edition-』の開催決定!映像演出にKITEを迎え、indigo la End、odol、The fin.がライブ出演します
  • 2018年に開催した『CROSSING CARNIVAL'18』のレポートを掲載!

ACT



Yogee New Waves

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。9 月には1st album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。2015年2月に初のアナログ7inchとして新曲『Fantasic Show』を発表。12月には2nd e.p.『SUNSET TOWN e.p.』をリリース。2017年1月にBa. 矢澤が脱退し、Gt.竹村、Ba.上野が正式メンバーとして加入し再び4人編成となり始動。5月に2nd アルバム『WAVES』をリリースし、CDショップ大賞2018前期のノミネート作品に選出。リリースツアーは全国8都市でワンマンを決行し各地ソールドアウト。夏には、FUJI ROCK FESTIVAL、 ROCK IN JAPAN、SWEET LOVE SHOWER、など、全国各地の野外フェスに多数出演。11月には映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の主題歌に「SAYONARAMATA」が起用される。2018年3月にはメジャーデビューとなる3rd e.p.「SPRING CAVE e.p.」をリリースし、アジア3ヶ国(台湾、香港、タイ)を含めた全12箇所のリリースツアーを開催。7月にはPOCARI SWEAT × FES 2018 キャンペーンソングとして「CAN YOU FEEL IT」を配信リリースし、全国各地の夏フェスに出演。11月からは全国8都市でのワンマンツアー「CAN YOU FEEL IT TOUR」を開催。2019年3月20日には約2年振りとなる待望の3rdアルバム「BLUEHARLEM」のリリースが決定、6月からは同アルバムを引っ提げ全14公演の全国ツアー“TOUR BLUEHARLEM 2019”の開催が決定している。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

Polaris

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans/So many tears)によるロックバンド。2001年にミニアルバム『Polaris』でデビュー以降、5枚のフルアルバムをリリース。FUJI ROCK FESTIVALほか野外フェスに多数出演し、ライヴバンドとして高い評価を得ている。オオヤユウスケの浮遊感のあるヴォーカル、ポストロックやレゲエ/ダブの要素、そして強靱なリズム隊が生み出す圧倒的なグルーヴによって生み出されるPolaris独自のサウンドで多くの支持を獲得している。2018年、3年4ヶ月ぶりとなるフルアルバム『天体』をリリース。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

Serph

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月にピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』を発表。以降、コンスタントに作品をリリースしている。2014年1月には、自身初となるライブ・パフォーマンスを満員御礼のリキッドルームにて単独公演で開催した。2016年7月には、自身の代表曲をアップデートさせたベスト盤『PLUS ULTRA』を発売。2018年4月には、自身2度目となる4年ぶりのライブ・パフォーマンスを再びリキッドルームにて単独公演で行い、見事に成功させた。 より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクトReliqや、ボーカリストNozomiとのユニットN-qiaのトラックメーカーとしても活動している。自身の作品以外にも、他アーティストのリミックスやトラックメイキング、CMやWEB広告の音楽、連続ドラマの劇伴、プラネタリウム作品の音楽なども手掛ける。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

bonobos

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

2001年8月結成。レゲェ、ダブ、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを飲み込みながらフォークへと向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団!2015年7月より蔡忠浩(V,G)小池龍平(G)田中佑司(Key)森本夏子(B)梅本浩亘(D)の5人体制になり、さらに精力的に活動中。2017年8月12日には6年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功に収める。最新作は2017年10月リリースの「FOLK CITY FOLK .ep」。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

OGRE YOU ASSHOLE

メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Drs)、清水隆史(Ba)の4 人。 2005 年にセルフタイトルの1st アルバムをリリース。2009年3月にバップへ移籍し、シングル「ピンホール」でメジャーデビュー。2010年11月にはモントリオール出身のWolf Paradeと共に全米+カナダの18ヶ所をまわるアメリカ・ツアーを行った。2016年11月に最新(7th)アルバム「ハンドルを放す前に」をP-VINE RECORDS よりリリース、ミュージックマガジン誌「2016ベストアルバム・日本のロック部門」で2位を獲得。2017年7月には「FUJI ROCK FESTIVAL」に通算3度目の出演を果たした。また、同年10月にはジェイムズ・マクニュー(Yo La Tengo)リミックスによる7インチ・シングルを発売した。2018年9月、日比谷野外音楽堂で初のワンマンを開催。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

ミツメ

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。2019年4月にアルバム「Ghosts」をリリース。国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、タイ、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

Analogfish

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

3ピースにして、2ヴォーカル+1コーラス。唯一無比のハーモニーを響かせる、希代のロックバンド。vo,gtr 下岡晃の世に問う社会的なリリックと、vo,bass 佐々木健太郎の熱々な人間賛歌が、見事に交差する楽曲群と、drs,cho 斉藤州一郎のしなやかかつファットなプレイに、やられっぱなしの諸氏多し。2018年7月25日に10th Album「Still Life」をリリース。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

MONO NO AWARE

東京都八丈島出身の玉置周啓、加藤成順は、大学で竹田綾子、柳澤豊に出会った。 その結果、ポップの土俵にいながらも、多彩なバックグラウンド匂わすサウンド、期待を裏切るメロディライン、言葉遊びに長けた歌詞で、ジャンルや国内外の枠に囚われない自由な音を奏でるのだった。 FUJI ROCK FESTIVAL’16 "ROOKIE A GO-GO"出演、翌年には投票からメインステージに出演。 2017年3月には、1stアルバム『人生、山おり谷おり』を全国リリース。 同年8月ペトロールズのカヴァーEP『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? – EP』に参加。 2018年8月に2ndアルバム『AHA』発売、恵比寿LIQUIDROOMワンマン公演を含む初全国ツアーを開催。数々の国内大型フェスに出演し、次世代ロックバンドとして注目を集める。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

崎山蒼志

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV「日村がゆく」の高校生フォークソングGPに出演、独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2018年7月18日に「夏至」と「五月雨」を急きょ配信リリース。その2ヶ月後に新曲「神経」の追加配信、また前述3曲を収録したCDシングルをライヴ会場、オンラインストアにて販売。12月5日には1stアルバム『いつかみた国』をリリース、合わせて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し即日全公演完売となった。また、初となるホール公演「とおとうみの国」が5月6日に浜松市浜北文化センター大ホールで控えている。ある朝、起きたらtwitterのフォロワー数が5,000人以上増えていて、スマホの故障を疑った普通の高校1年生。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

Enjoy Music Club

2012 年結成。「エンジョイミュージック」を合言葉に集まった 3 人組ラップグループ。2015年11月に1st アルバム 「FOREVER」発売。NHK E テレの子ども番組「シャキーン!」やテレビ東京系「モヤモヤさまぁ~ず 2」、日本テレビ系深夜ドラマ「住住」に楽曲提供。テレビ東京『ゴットタン』内企画「マジ歌選手権」ではバカリズム氏とコラボ。同番組ライブ企画『マジ歌ライブ2018in横浜アリーナ』では12000人を前にグループ初のコール・アンド・レスポンスに挑戦した。2018年には中国ツアーも敢行し、日本国外にも活動の幅を広げている。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

SIRUP

SIRUPは変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激するグルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観でリスナーを魅了する。2017年にリリースしたデビュー作「SIRUP EP」が主要音楽ストリーミングサービスを賑わせ、2018年8月には2nd EP「SIRUP EP2」をリリース。2019年夏に開催される初の全国ツアーも、チケットが即日Sold Outになるなど現在話題沸騰中。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

TENDRE

ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。Yogee New Waves、KANDYTOWN、sumikaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加する他、RyofuのEP『Blur』では共同プロデュースも務めるなど、その活動は多岐に渡る。数年前よりソロでの楽曲制作を始め、昨年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP『Red Focus』をリリース。同作がタワーレコード“タワレコメン”、HMV“エイチオシ”、iTunes“NEW ARTIST”、スペースシャワーTV“it”に選ばれるなど、各方面より高い評価を獲得。続いて、配信限定でリリースしたシングル『RIDE – SOFTLY』からのリード曲「RIDE」はJ-WAVE“TOKIO HOT 100”にて最高位12位を記録するなどスマッシュヒット。また、FUJI ROCK FESTIVAL、Sweet Love Shower、Sunset Liveなど国内の様々なフェスへの出演を果たした他、CHARAや、SOIL&”PIMP”SESSIONSのダブゾンビ、パスピエの露崎義邦、andropの前田恭介がそのライブ・パフォーマンスをSNS上で言及し話題となるなど、サポートメンバー4人を迎えたバンド編成でのライブの完成度も高い評価を集めている。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

田我流

山梨を中心に全国的に活躍するラッパー。2011年に公開された富田克也監督の映画「サウダーヂ」で主演を務めたことをきっかけに名前が広がり、2012年4月に発表したアルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。その後はeastern youthやフラワーカンパニーズ、ZAZEN BOYSといったバンドとツーマンライブも実施するなど、ヒップホップというジャンルを超えてさまざまな音楽シーンで活躍している。EVISBEATSとの共演や、地元一宮町のラップグループstillichimiyaとして、またリーダーバンド田我流とカイザーソゼとしても活動し、現在はソロアルバム「Ride On Time」の発表を視野に、シングル"Vaporwave"、"Simple Man"を発表中。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

BIM

1993年生まれ、川崎市高津区出身。THE OTOGIBANASHI'S、CreativeDrugStoreの中心人物として活動するラッパー / ビートメイカー。グループとして2012年『TOY BOX』、2015年『BUSINESS CLASS』の2枚のアルバムをリリース。2017年より本格的にソロ活動をスタート。2018年7月、初のソロアルバム『The Beam』を発表。

>YouTubeで音楽を聴く
>Twitterを見る

VaVa

2012年からビートメイカーとして活動を開始。これまでビートメイカーとして、2013年「Blue Popcorn」、2016年「Jonathan」と2枚の作品を発表。またTHE OTOGIBANASHI’Sの1stアルバム「TOY BOX」や、2ndアルバ「BUSINESS CLASS」ではリード曲「Department」のプロデュースを担当。そして2017年、VaVa自身による全曲フル・プロデュースの1st ラップアルバム「low mind boi」をリリースした。その他にも、平井堅「魔法って言っていいかな?」のオフィシャルRemixや、サニーデイ・サービス「Tokyo Sick feat. MARIA VaVa Remix」を手掛けるなど、HIPHOP層以外のアーティストからも高い支持を受けている。2018年には、3枚のEPを立て続けに発表。2019年2月、2ndアルバム『VVORLD』をリリース。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

betcover!!

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

betcover!!こと1999年生まれ多摩育ちのヤナセジロウによるプロジェクト。幼い頃からアースウィンドアンドファイアなどブラックミュージックを聞いて育ち小学5年生でギター、中学生のときに作曲を始め2016年夏に本格的に活動を開始。2017年12月20日10曲入り1st ep「high school!! ep.」を発売。収録楽曲「COSMO」が2018年1月スペースシャワーTV「it!」に決定。5月にはサニーデイ・サービスの新作リミックスアルバムその制作過程をシェアするプレイリスト<the SEA>のリミックスを1曲手掛ける。8月1日に発売した5曲入り2nd ep「サンダーボルトチェーンソー」ではApple Music 「今週のNEW ARTIST」、Spotify「アーリーノイズ」に選出される。12月5日には両A面シングル「海豚少年 / ゆめみちゃった」を配信限定リリース。2019年3月13日には初の単独公演「襲来!ジャングルビート’19」を渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

Emerald

(フィッシュマンズ トリビュート企画参加)

Emerald is 'Band' . Pop music発 Black Music経由 Billboard/Blue Note行。 2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、ボーカル中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示する。2017年にリリースされた2ndアルバム『Pavlov City』はSpotifyにて複数のプレイリストにピックアップされるなど、各方面から高い評価を受ける。2018年1月にはbonobosを招いて渋谷WWWにてリリースイベントを敢行。同年12月にミニアルバム『On Your Mind』をリリースし、リードトラック「ムーンライト」がラジオ各局でパワープレイに選出される。11月にはbohemianvoodooを招き、同じくWWWにて先行販売ライブを実施。2019年4月4日には『On Your Mind』のリリースパーティを「ものんくる」を招いてWWWにて開催予定。本イベントにて「東京」「ムーンライト」が収録されている7inchレコードの先行発売も決定している。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

パソコン音楽クラブ

2015年結成。"DTMの新時代が到来する!"をテーマに、ローランドSCシリーズやヤマハMUシリーズなど90年代の音源モジュールやデジタルシンセサイザーを用いた音楽を構築。2017年に配信作品『PARKCITY』を発表。tofubeatsをはじめ、他アーティスト作品への参加やリミックス、演奏会、ラフォーレ原宿グランバザールのTV-CMソングなど幅広い分野で活動。2018年に自身初となるフィジカル作『DREAM WALK』をリリース。

>YouTubeで音楽を聴く
>オフィシャルサイトを見る

and many more!!!!!


TICKET

『CROSSING CARNIVAL'19』

  • 日程:2019年5月18日(土)
  • 会場:TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nest
  • 時間:OPEN/START 13:00

¥4,800(税込/ドリンク別)

  • オフィシャル3次先行予約
    3月22日(金)18:00~
    4月3日(水)23:59
問い合わせ:SOGO TOKYO(03-3405-9999)

ACCESS