ACT

KOHH
Chara×韻シストBAND
GRAPEVINE(ゲスト:康本雅子)
大森靖子(Crossing:world's end girlfriend)
藤井隆
おとぎ話(新作の完全再現ライブ)
前野健太+古田たかし(歌とドラムの即興)
Awesome City Club feat. Jiro Endo
world's end girlfriend × Have a Nice Day!
THE NOVEMBERS ゲスト:志磨遼平(ドレスコーズ)
GAGLE(ゲスト:鎮座DOPENESS、KGE THE SHADOWMEN)
DADARAY(ゲスト:藤井隆)
WONK
Tempalay×JABBA DA FOOTBALL CLUB
King Gnu × Ryohu
LILI LIMIT(Crossing:牧野正幸)
Emerald(ゲスト:環ROY)

カルチャーWEBメディア「CINRA.NET」による
新しい音楽イベント『CROSSING CARNIVAL』、第2回目を開催!

「フェス」が、日常に浸透しつつある今の日本の音楽カルチャーのなかで、
音楽と人の力がクロスしたときに生まれる、非日常的な祝祭感に満ちた場を、今一度作りたい。

ここでしか見られないコラボレーション、演出、ハプニングーー
二度は同じものが生まれない、この日限りの祝祭を、ぜひ目撃してください。

NEWS

ACT

KOHH


宇多田ヒカル、フランク・オーシャンなど、国内外のトップアーティストとコラボを果たしたラッパー、KOHH。トラップに日本語を載せる革新的なフロウと、独特のワードセンスで日本ラップシーンの新たな地平を切り開き、作品ごとに進化を遂げる彼のパフォーマンスは、イベントのハイライトになるに違いありません。海外と日本、音楽とファッションのCROSSINGな存在でもある彼は、そのステージでどんな世界を見せてくれるのでしょうか?(久野 / CINRA.NET編集部)

KOHHプロフィール

Chara×韻シストBAND

25年以上のキャリアにおいて、一貫して愛を歌い続けてきたChara。愛の痛みや切なさ、恋の情熱や喜びを音楽に変えてきた彼女に救われた男女は数知れず。そんな愛の音楽家・Charaを祝祭『CROSSING CARNIVAL』にお迎えします。この日のバックを務めるのは韻シストBAND。メロウ&グルーヴィンな名曲たちに包まれたフロアには、至福の時間が流れることでしょう。この日は音楽にただその身を委ねてください。(山元 / CINRA.NET編集部)

Charaプロフィール

GRAPEVINE

crossing with:康本雅子

独自の立ち位置で、絶えず進化し続けてきたロックバンド・GRAPEVINE。「バンド」というスタイルを極め尽くした彼らと、コンテンポラリーダンス界のトップを走り続けてきたダンサー・康本雅子の共演が決定しました。子育て期間を経て、約5年ぶりの新作を発表するなど、表現にいっそう厚みをました彼女と、GRAPEVINEによる鉄壁のバンドアンサンブルがどう絡み合うのか? このステージを見ずして、今回の『CROSSING CARNIVAL』は語れません!(川浦 / CINRA.NET編集部)

GRAPEVINEプロフィール

大森靖子

crossing with:world’s end girlfriend

強烈なエネルギーと共に魂の叫びを歌うシンガーソングライター、大森靖子。熱量ある音楽と、さまざまな情念が入り混じった圧倒的なパフォーマンスは、見る者の心を奪い、離しません。そんな彼女のステージにworld’s end girlfriendを招き、この日限りのコラボレーションをお届けします。2人のクロスがどんな形になるのか? 刺激的なステージをお見逃しなく。(川浦 / CINRA.NET編集部)

大森靖子プロフィール

藤井隆

音楽家、役者、お笑い芸人……いくつもの顔を持ちながら、今まさに表現者としてのキャリアハイを更新している藤井隆。昨年リリースされたアルバム『light showers』もマジの傑作でした。言うなれば、存在そのものがCROSSINGな藤井さんに、僕らの祭りを彩ってもらえることをこの上なく嬉しく思います。このページに辿りついてくれたあなたに、余計な説明はいらないですよね? 一緒に踊りましょう。(山元 / CINRA.NET編集部)

藤井隆プロフィール

おとぎ話

これまで何度もCINRA.NETで取材させてもらい、『exPoP!!!!!』や『NEWTOWN』にも出演いただくなど、CINRAと縁の深いおとぎ話。ポップとロックが肩を組んだような音世界、少年のようなキュートさの奥にちらりと覗く狂気、キラキラと光る音の海で不思議な響きを放つ有馬和樹の歌声――他のどんなロックバンドとも違うオンリーワンな魅力を持ったおとぎ話が、僕らの新たな祝祭に音楽を捧げてくれることになりました。ベースの風間さんと何度も話し合って決まった企画は、6月にリリースを控えた新作『眺め』の再現ライブ。この新作、突然変異と言っていいほど不思議な作品に仕上がっているので(ヒントはCANとYo La Tengo)、おとぎヘッズならずとも見逃し厳禁です。(山元 / CINRA.NET編集部)

おとぎ話プロフィール

前野健太+古田たかし(歌とドラムの即興)

100年後にも生き続けるだろう歌心、色気と詩情をまとった歌声で聴く者を惚れさせるシンガーソングライター・前野健太。近年では文筆家、映画・舞台役者としての活躍も目覚ましいですが、4年半ぶりの新作『サクラ』のリリースを控え、音楽家としてマジのギアが入った今の前野健太が『CROSSING CARNIVAL'18』に出演します。特別企画として、Char、佐野元春、渡辺美里、 奥田民生、PUFFYなど、多くのアーティストと共に日本のロック&ポップス史を彩ってきたドラマー・古田たかしをお招きしてマエケンの歌をお届けします。この日限りの特別なステージ、ご期待ください。(山元 / CINRA.NET編集部)

前野健太プロフィール

Awesome City Club

feat. Jiro Endo

男女のソウルフルなボーカルと、洗練されたサウンドが魅力的な5人組バンド、Awesome City Club。……いや、ACCの魅力はそれだけではない! インディーズ時代からACCのライブを観たりSoundCloudで楽曲を聴いたりしていた私としては、特にここ半年くらいのACCの進化に驚いているし、楽しませてもらっています。特にライブは、クールなサウンドとパフォーマンスで魅せるだけでなく、よりポジティブなエネルギーやメッセージを放出してお客さんの心の深い部分まで鷲掴みするように。さらにこの日は、PORINさん発案によって、建築家・デザイナー・アーティストである遠藤治郎さんのステージ演出とフューチャリングしていただきます。これまでもステージや会場の空間作りのクリエイティブにこだわってきたACCならではの、この日限りのショーが観られそうです。(矢島 / CINRA.NET編集部)

Awesome City Clubプロフィール

world’s end girlfriend × Have a Nice Day!

国内インディー / アンダーグラウンドシーンのビッグボス・world’s end girlfriend。「Virgin Babylon Records」を主催し、一癖も二癖もあるアーティストをその名のもとに束ねるwegが祝祭『CROSSING CARNIVAL』に登場です。この日のコラボレーターは、Virgin BabylonファミリーからHave a Nice Day!。人間が持つ醜さも美しさも丸ごと音楽に変換する両雄の、暴力的で、カタルティックな共演を目撃してください。膝から崩れ落ちるような、かつてない音楽体験をあなたに。(山元 / CINRA.NET編集部)

world’s end girlfriendプロフィール

THE NOVEMBERS

crossing with:志磨遼平(ドレスコーズ)

その気高く美しい音と佇まいで、世代やジャンル、国境も越え、数々のアーティストに愛されるロックバンド、THE NOVEMBERS。オルタナティブミュージックの凶暴性、ロックンロールの美意識、ノイズ音楽のアート感覚……この3つの要素が非常に高い次元で備わっているからこそ、THE NOVEMBERSの音楽は素晴らしいのです。そんな彼らのコラボレーターは、志磨遼平(ドレスコーズ)。「自在」を体現するようにボーダレスな志磨と、「孤高」を地で行くTHE NOVEMBERSが交わることでどんな景色が生まれるのか。正直、期待しかないです。(山元 / CINRA.NET編集部)

THE NOVEMBERSプロフィール

GAGLE

crossing with:鎮座DOPENESS、KGE THE SHADOWMEN

“雪の革命”“屍を越えて”“聞こえる”と、数々の名曲生み出してきた仙台のヒップホップグループ、GAGLE。シーン随一の滑舌の良さを誇るMCのHUNGER、Jose Jamesにも楽曲を提供するDJ MITSU THE BEATS、そして深みのあるステージングスキルのDJ Mu-Rの3人組。「JAZZY」のイメージから抜け出し、サウンドを進化させた最新作『Vanta Black』を引っ提げた彼らのステージに、今回は特別に2名のゲストが登場! スタイルは違うが、オリジナリティー溢れるフロウでヘッズを虜にしてきた鎮座DOPENESSとKGE THE SHADOWMEN。3人のMCが繰り出す、独特のフロウが飛び交うステージに期待しよう。(久野 / CINRA.NET編集部)

GAGLEプロフィール

DADARAY

ゲスト:藤井隆

昨年から活動を始め、上質かつ中毒性のあるポップス&女性ツインボーカルで女心を歌うDADARAY。川谷絵音プロデュースのもと、昨年だけでミニアルバム3枚、多数のライブやツアー、フルアルバムリリースでメジャーデビューと、ものすごい勢いに乗っている3人が、満を辞して『CROSSING CARNIVAL‘18』に登場です! もっとも勢いのあるバンドのステージをぜひ!(川浦 / CINRA.NET編集部)

DADARAYプロフィール

WONK

「エクスペリメンタルソウルバンド」という聞き慣れないジャンルを掲げるWONK。世界水準で、実験精神に富んだ音楽性は、カマシ・ワシントンら、海外のアーティストからも一目置かれるほど。2017年にはニューヨークのフューチャーソウルバンド、The Love Experimentとの共作『Binary』もリリース。「J DILLAの系譜の音楽を生で演奏する」を目標に結成し、その世界観を拡張させている彼ら。本イベントでは、どんなエクスペリメンタルな世界に誘ってくれるのでしょうか?(久野 / CINRA.NET編集部)

WONKプロフィール

Tempalay×JABBA DA FOOTBALL CLUB


2014年の夏結成ながら、2017年の『FUJI ROCK FESTIVAL』に本出場(ボーカルの小原綾斗が骨折、急遽召集された仲間のギタリストたちによるサポートで無事出演)という、USインディー由来の高い音楽性とチャーミングなキャラクターで愛されるTempalay。歪さを内包した洗練、一歩引いたクールさの上に立つユーモア……そういった、何か一つの言葉では言い表し得ない魅力を放つ彼らと共鳴するヒップホップクルー・JABBA DA FOOTBALL CLUBとのコラボが決定。同じ時代を生きるバンドと4人のラッパーたちがどのように交わるのか? この日限りのステージをお見逃しなく。(山元 / CINRA.NET編集部)

Tempalayプロフィール

King Gnu×Ryohu


ロックをベースにジャズやヒップホップ、エレクトロ、現代音楽、歌謡曲を独自解釈でミックスさせた「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」で突如シーンに姿を現したKing Gnu。11月末に開催したCINRA主催『exPoP!!!!! vol.104』でも破格の存在感を見せつけ、「今、最も勢いのあるバンド」といっても過言ではない彼らが『CROSSING CARNIVAL'18』に出演します。この日は、最高にヒップなクルー・KANDYTOWNよりRyohu(呂布)をゲストに迎えた特別セット。いやぁ、これは間違いないないでしょう!(山元 / CINRA.NET編集部)

King Gnuプロフィール

LILI LIMIT

crossing with:牧野正幸

メジャーデビュー盤には写真家・伊丹豪と共作した100ページにも及ぶフォトブックを付けたり、“LAST SUPPER”のミュージックビデオは、大胆にもレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』をモチーフにしたりと、楽曲だけでなくアートワークや映像などに対しても高い美意識を持って総合芸術と向き合う5人組バンド、LILI LIMIT。「ここでしか見られないコラボレーション」「クロスカルチャー」による祝祭『CROSSING CARNIVAL』にとてつもなく相応しい彼らがこのたび出演してくれることを、大変光栄に思います。この日は、Vo.牧野さんの実兄であり、これまでのLILI LIMITのアートワークも手がける牧野正幸さんによるVJとコラボレーション。LILI LIMITの世界観のより深いところへ入り込めるライブとなりそうです。(矢島 / CINRA.NET編集部)

LILI LIMITプロフィール

Emerald

crossing with:環ROY

ジャジーかつアーバンなサウンドで、急速に注目を集めるEmerald。スキルとレファレンスに溢れるブラックミュージック然とした演奏に、ジャパニーズポップスの感性が絶妙なスパイスとなって、新しい文脈を生み出しています。日本を代表するラッパー環ROYとのコラボでは、この日しか体感できない音と言葉の生接続。まずはスペシャルコラボ動画をチェックして予習、現場ではメロウなグルーヴに身を任せて踊ってください。2:26の「し」でシンガロングすべし!(木村 / CINRA.NET編集部)

Emeraldプロフィール



TICKET

前売 ¥6,000
当日 ¥6,500

※チケットの発売は終了いたしました
当日券は、15時よりO-east会場入り口にて販売いたします。

リストバンドの引き換えは、当日15時よりO-east会場入り口にてスタートいたします(開場は16時になります)。
リストバンド引き換え時にドリンク代を頂戴します。


TIMETABLE


当日は、15時よりO-east会場入り口にてリストバンドの引き換えをスタートいたします。
リストバンド引き換え時にドリンク代を頂戴します。
開場は16時になりますが、O-WESTのみ16:15の開場を予定しております。



ACCESS

TSUTAYA O-group / duo MUSIC EXCHANGE

東京都渋谷区道玄坂2-14-8